staff,  フルタ日記

振り返り

残念ながら今回やめてしまったスタッフ

入社当時から経歴どうり美容師らしくない感じで

よくも悪く美容師思いのある美容師になれませんでした

思い返すと

初めは強調性のなさに他のスタッフと気まずくなったり

お客様へのミスでお客様からのお叱りに

逆ギレしたり

前職の流れか

見せかけの接客業でかなり心配でした

一時期を境にやるきをだし

200万売り上げて1番になるって

目標をゆってくれたり

(200万じゃ1番になれませんが。。)

すすんで色々やったり

お願いしていろいろつくったりもしてくれました

最後は

とてつもなく少ない売り上げでした

少しはやる気だしてました

でも

そんなに甘くなく

うまくなければ

想いをつたえなければ。

やめたい理由は

美容師をやりたくないってゆわれましたが

なんだかんだお客さんがついたらかわるかなって思って

ハサミあげたり

いろんなサポートをしたつもりです

snsはしたくない

お客さんとつながりたくない

うん、

はじめからずっと働く気がないのはわかってたけど

撮影しないとお客さんも増えるわけない

努力しないと増えるわけない

なにより相談受けたとき

よりもっと前に内定決まってましたといわれて

応援できる人いないでしょ

美容師やめたいといいながら

あとで半年くらい働くかもって、

なめてんの?

しかし

サロンでは事務作業が得意で

英語もしゃべれる

話はできるということもあり

どんなことを思っていようがお客様に関係ないので

周りからはよくみえていました

自分のお客様にはとても感謝しています

ぼくは不義理な人間やウソをつかれることが

とても苦手で

そこはいつも見逃せれませんでした。

だからなるべくいい環境を作りたかったのですが

形ができそうになったとたん型をなくしてしまいました。

できるかぎり

辞めるときは円満でやめてほしいものです。

本音は複雑すぎました

筋が通ってなかったから

でもしかたがない

いつもより多めのボーナス

予定より少ない売り上げ

やめたら人

しゃーない

やめたことより

今いる人

この話はここで終わり

なんだかんだありがとう

いつか笑って話せるときがくるまで。

大阪 南船場 美容室 avant DDA SSA参加 ヘアケアマイスター   カット カラー パーマ ストレート トリートメント 全てにおいてハイレベルなサロンを作っていってます カメラは canon fuji leica q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。